人間ドックの前日の過ごし方

人間ドックの前日の過ごし方について紹介してます。
MENU

人間ドックの前に日はどう過ごせばいいの?

人間ドックできちんとした結果を得るためには、前日の過ごし方が非常に重要です。

 

特に、飲食物に関してはいくつかの注意が必要です。

 

 

まず、食事についてですが、検査する前日の21時までには夕食を済ませておくことが望ましいです。

 

検査する時間帯が午後であれば、24時くらいまで大丈夫です。それ以降の食事が控えるようにしましょう。

 

 

また、アメやガムなどは検査に影響を与える可能性があるので、接種しないようにする必要があります。

 

お酒を飲んだりタバコを吸ったりするのもいけません。

 

人間ドック前日

 

飲み物についてですが、基本的には水で水分を補充するようにして、お茶やコーヒーは控える必要があります。

 

 

 

また食事の内容についてですが、なるべく軽めの物を食べるようにするほうがよいです。

 

脂を多く含むものや、塩分の量が多いものを食べてしまうと、血液や尿の検査に悪影響を与える可能性があります。肉であれば、豚肉の代わりに鳥のささみを食べるなどの工夫をするとよいでしょう。

 

また固いものなど、消化が悪いものを食べてしまうと、胃の検査やエコーの検査できちんとした結果が出ないこともあります。

 

 

 

水は人間ドック当日の3時間前までは、飲むことが可能です。ですが、飲む量が少ないほどより精密な結果が出るので、脱水症状が起きない程度に留めておくことが望ましいです。

 

お茶やコーヒー同様、スポーツ飲料など、ビタミン等が添加されているものは飲まないようにしましょう。

 

学校の尿検査などで、前日に水以外の飲み物を飲んで、検査にひっかかってしまった人もいるのではないでしょうか。

 

人間ドックの尿検査にも影響が出るので気をつけるようにしたほうがよいです。

 

 

また普段使用している薬やサプリメントについてですが、これは検査を受ける場所に事前に確認をとっておくとよいでしょう。

 

心臓病や、血圧の薬などは服用してもかまわないことが多いようです。

 

 

注意する点を守って検査を受けることで、よりよい健康管理が行えるようになります。

 

次の記事>>人間ドックの内容

 

おすすめの医療施設・病院の選び方 大阪の人間ドック施設 口コミランキング
大阪の病院・クリニック情報 人間ドックについて

 

人間ドック前日

メニュー

このページの先頭へ