人間ドックの前日の食事について

人間ドックの前日の食事について紹介してます。
MENU

人間ドックの前の日の食事はどうすればいいの?

人間ドック前日の食事メニューでおすすめなのは、うどん、白米、です。うどんは病院食としても出されているくらい消化が良い食べ物なので、当日の人間ドックの検査結果に影響を与えにくい食事メニューです。

 

人間ドックの前日の食事について

 

食事制限の繊細は施設や受ける検査によって異なりますが、基本的には前日の夜9時(21時)までには済ませて、その後は絶食です。

 

人間ドックの前日の食事について

 

胃カメラや胃バリウム検査などの消化管検査では、胃の中が空っぽになっている状態でないと、うまく胃の状態がみられない可能性があるからです。

 

当日の検査時間に胃の中を空っぽにしたいわけですから、その時間までにきちんと消化されてなくなる食品が好ましいということになります。
基本はさっぱりしたメニューを心がけますが、さっぱりといっても海藻類や根菜類は食物繊維が豊富なため、胃の中に滞ってしまう可能性があります。これらの食品は避けたほうが良いでしょう。

 

こってりした肉類なども消化に時間がかかるので、前日のメニューとしては不向きです。うどんの具として少し鶏肉を入れるくらいならば差し支えありませんが、ステーキやフライドチキンなどは避けるようにしましょう。基本的には脂肪分と食物繊維の少ない献立を考えるようにすると良いです。

 

飲み物は、お酒(アルコール)やコーヒー、お茶などの嗜好品は摂取しないほうが良いとされています。

 

人間ドック前日食事

 

お酒は血中のγ-GTPを通常時よりも高くしてしまう可能性があり、肝臓に異常があると診断されてしまうことがあります。日本酒やビールは糖分が多いので、血糖値が高くなって糖尿病の疑いを持たれてしまう可能性もあります。

 

胃バリウム検査ではさらに、バリウムとアルコールが反応して固まってしまい、うまく検査できなかったり、排出するのが難しくなってしまう危険性もあります。

 

お茶やコーヒーがダメなのは、腹部超音波エコー検査で画像の判別がしづらくなってしまうからです。カフェインには胃液分泌の作用もあり、胃バリウム検査で引っかかってしまうこともあります。

 

人間ドックを受ける前日は、シンプルにうどんを21時までにさっぱりと食べておけば良いと考えておきましょう。

 

次の記事>>人間ドックの結果について

 

おすすめの医療施設・病院の選び方 大阪の人間ドック施設 口コミランキング
大阪の病院・クリニック情報 人間ドックについて

 

人間ドック前日食事

メニュー

このページの先頭へ