人間ドックの結果について

人間ドックの結果について紹介してます。
MENU

人間ドックの結果が・・・

日本では健康診断が毎年義務付けられているために、ある程度の身体の健康状態は健康診断の結果を見る事で知る事が出来ます。

 

しかし、健康診断よりも詳細な検査を行いたいのであれば人間ドックを受ける必要があります。

 

人間ドックは健康診断とは違って受ける義務はありませんが、最近では健康に関心が強い人も多く、ある程度の年齢になったら人間ドックを受ける人も増えています。

 

人間ドックの検査結果については正常となるのが望ましいですが、どのような場合が正常であると判断されるのかというと、過去に大きな病気をした事が無い健康な人の検査結果が基準値として用いられていて、検査数値の上下2.5%を除いた95%内に含まれる数値が基準値として用いられています。

 

ただ、検査結果が異常であっても実際には健康に問題が無いという場合もあり、中には異常な数値が出やすい項目もあります。

 

 

例えば、血圧はリラックスしている状態と緊張している状態では異なりますが、検査というと緊張する人も中にはいて普段の血圧は問題なくても検査で緊張して高く出てしまうという場合があります。

 

血液検査結果

 

また、総コレステロール値が高いと動脈硬化の危険性が上がり、閉経後の女性は数値が高くなる傾向がありますが、ほとんどの場合は健康には問題が無いです。

 

そのために、人間ドックを受けた結果が基準値から少しでも外れていたらすぐに危険であるという訳では無く、問診で生活習慣を確認するなどして総合的にみてから判断します。

 

 

検査結果がなるべく正しくなるためにも、前日の何時以降には食事をしないようにと注意されたらそれを守る事や問診でウソの報告をしない事が大切です。

 

指定されたことを守らなかったりウソの報告をしたりすると、数値が異常な値を示す事がありますし、検査のちょっと前に普段の生活とは違う食生活を送る、などといった事をしても正しい結果が得られなくなってしまいます。

 

大切なのは現在の自分の健康状態を正しく判断して問題があれば対策をとる事であるために、前もって指示された事はきちんと守り、問診でも正直に報告をすべきです。

 

 

次の記事>>人間ドックの再検査の料金について

 

おすすめの医療施設・病院の選び方 大阪の人間ドック施設 口コミランキング
大阪の病院・クリニック情報 人間ドックについて

 

人間ドック結果

メニュー

このページの先頭へ