関西医科大学天満橋総合クリニック

「関西医科大学天満橋総合クリニック」の人間ドック検査項目を紹介します。
MENU

「関西医科大学天満橋総合クリニック」の人間ドック検査項目

院名関西医科大学天満橋総合クリニック
休診日日曜/祝日
取り扱い検査項目人間ドック・脳ドック・婦人科検診・乳がん検診・子宮がん検診 大腸がん検診・胃がん検診・肺がん検診・PET検診・レディースドック
カード決済OK
駐車場有り:470台(有料)
住所大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル3F
アクセス【電車】

京阪電鉄天満橋駅から徒歩2分。
地下鉄谷町線天満橋駅から徒歩2分

地図

詳細・検査申し込み等はコチラから⇒関西医科大学天満橋総合クリニック

関西医科大学天満橋総合クリニックの口コミ情報

・少し安くなってよかった 男性/40代
・受診者が多くいましたが、みんながテキパキと行動され、スムーズな検診を受けることが出来ました。 男性/60代

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関西医科大学天満橋総合クリニックの人間ドックでは毎年決まった時期に企業の健康診断などをしていますが、この時の検査項目は基本的なものは会社や国が負担してくれるので、自己負担は無いのですが、細かい検査をしたい場合には基本的な人間ドックの検査項目に加えて自分の希望するものをオプションとして加えなければなりません。例えば関西医科大学天満橋総合クリニックでメタボリックシンドロームに関連する身長や体重、血液検査などは負担をしなくても良いのですが、血管年齢を知りたい場合には特別な検査法で調べなければならないので、自己負担額は3千円程度必要となります。関西医科大学天満橋総合クリニックなど大阪駅の人間ドック以外でも料金負担はほとんど同じで、また若い世代では受けられない検査があるので、家族の中にガンや糖尿病の人がいる場合に検査を希望すると追加料金を支払うことで検査を受けることができます。

 

関西医科大学天満橋総合クリニックの人間ドックの場合は乳癌検診などをより詳しいマンモグラフィ検査を加えると若い女性の場合は自己負担になりますが、40代の女性は会社負担で受けることができるので自己負担をしなくても検査が受けられます。

 

また胃の検査は基本的にはバリウム検査が行われるのですが、40代以降の人は希望をすると内視鏡検査を受けることができます。内視鏡検査は技術が進歩して体への負担が軽減されているので、必ず受けたほうが良いとされている検査で、バリウム検査よりも精度が高いので初期の胃がんを的確に見つけることができます。尿検査や便潜血検査は手軽に行うことができる検査ですが、関西医科大学天満橋総合クリニックなどで検査を受ける場合には便潜血検査だけでなく、直腸検査を行うことで大腸がんを早期に発見することができます。とくに家族をガンで亡くしていたり、ガンになったことがある場合には遺伝的な要因がある可能性が高いので、直腸検査や内視鏡検査を毎年受けておくことが大切です。2年に1度程度だとガンが進行しているおそれがあるので、オプション料金を出してでも毎年内視鏡検査やマンモグラフィ検査などは受けなければなりません。

 

おすすめの医療施設・病院の選び方 大阪の人間ドック施設 口コミランキング
大阪の病院・クリニック情報 人間ドックについて

 

関西医科大学天満橋総合クリニック,人間ドック,天満,中央区

メニュー

このページの先頭へ